介護ソフトや介護システムで障害者の介護を効率的に~ラクラク介護~

導入後の流れ

介護システムについての豆知識

車いす

介護ソフトの先に介護システムがあります。沢山の事業所に於いて人手不足が叫ばれている現在、コンピューターに頼めることを任せるという傾向がみられます。介護システムを導入することで、複数ある施設の統合を図ることが可能です。社会福祉法人などでは、特別養護老人ホームやデイサービス、小規模などと様々な方面から介護を実施していることが殆どです。つまり、異なる事務所に異なるケアマネージャーなどの介護従事者がいます。それがどういうことを意味するかといえば、方針がぶれてしまう可能性があります。ケアの軸となる部分に個人の主観が介入することは、介護の現場に於いて、介護者にとっても援助を受ける人間にとっても喜ばしいことでありません。その点、システムで統一してしまえば施設の安定感が期待されます。

ケアマネージャーの負担が軽くなーる

また、介護システムやソフトなどを導入することで、ケアマネージャーの負担が確実に軽減されます。ケアマネージャーが、取り組むべき仕事に取り組むことが可能になります。介護スタッフが介護を実施し、ケアマネージャーがケアプランなどを作成することは理想です。理想が実現されることは、理想です。けれども、現実的に慢性的な人手不足が続いています。ケアマネージャーが介護を実施しなければ、他に代われる人間がいないからです。相当な負担が、ケアマネージャーにかかっています。負担が軽減されれば、介護の場にも、ゆったりとした空気が漂います。従業員たちが忙しなくすれば、利用者がソワソワしてしまいます。それは、承知の事実です。だからこそ、ゆったりとした空気を作り出す努力の一環として、介護システムの導入が挙げられます。